AOI NOTE

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都を歩く17

<<   作成日時 : 2008/12/13 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

清水の舞台から見ていた紅葉を間近に見ながら、
子安塔の方へ歩いています。
画像

画像

画像

画像


画像

画像

子安塔へと続く階段から見える本堂です。
画像

さらにさらに続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
AOIさん 今晩は。
鮮やかに 紅葉した 楓が一枚一枚 写って素敵なお写真ですねー。
正直 AOIさんの お写真には感動の連続です。
葉っぱの後ろに微かに見える本堂 青い空にその美しさを 静かに見せる小安塔 大空に広がる本堂と舞台 どのお写真も素晴しい。。。
もし自分が此の場所にいて風景 景色を撮ってもAOIさんのような美しいお写真は 撮れないでしょうねー。AOIさんの センスと言うか感性の豊かさに驚いています。やっぱり自分は AOIさんの 素晴しいお写真を見て・・・感動をいっぱい頂きます。
感動を いっぱい 有難う御座います。
ma-ru.papa
2008/12/16 00:01
ma-rupapaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
紅葉って風景の中に広がっているのも素敵なんですけど、その葉っぱ一枚を見るのも大好きです。形と言い、その色と言い、光を受けた葉なんて、キラキラしてお星様みたいだ〜なんて思ってしまいます。特に黄色い楓はそう言う意味でも好きみたいです。
私の写真を楽しんでくださって、本当にうれしいです〜。ほとんど自己満足なのですが、私は昔から写真を撮るのが好きだったように思います。友達同士で旅行に行っても、記念のスナップの他にも自分的にここの風景撮りたい!とやたら思うので、絶対マイ・カメラを持参してました(笑)。
来年はかけ足取りでなくて、もうちょっと落ち着いてじっくり撮れたらいいな…なんて思ったりしてます。
AOI
2008/12/16 01:31
清水寺はその立地のせいもあってか、あちらこちらで紅葉を高台から見下ろせる風景に出会えるみたいですね。
最後の写真は僕的にとても好きなシチュエーションです。

手前の木々をシルエットにして、その合間から見える向こうの風景は、紅葉した木々とお寺、さらに澄んだ青空とかわいらしい雲が、とてもうまく組合わさって、紅葉の写真には珍しい爽やかさがでていて良いですね〜。

ポンセ
2008/12/16 16:04
ポンセさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
色々な角度で、いろいろな距離間で風景が楽しめるのが清水寺の面白いところなんだなと私も改めて思いました。
ホントに、すごいところにありますよね、このお寺は。。。
最後のお写真は子安塔の真下まで上がっていく階段をのぼりながら撮影したのですが、ちょっとずれると木が邪魔だったり、三重塔が写らなかったり、本堂が屋根だけだったりでちょっぴり苦労しました。
ポイントのある風景を角度を少しずつ変えながら、そして歩きながら眺めるのって面白いですよね。周りの人の邪魔になってはいけないと気を使いながら、でも自分自身はというと時々つまづきそうになりますけど、そうやって撮影するのが私的には結構好きです。
AOI
2008/12/16 21:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
京都を歩く17 AOI NOTE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる