京都を歩く146 ~宇治~

三室戸寺の紫陽花庭園には、一万株の紫陽花が植えられています。
今回はひたすら心惹かれた紫陽花たちの様子をご紹介します。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ここ数年の鎌倉散策で、すっかり紫陽花の魅力に取り付かれている私・・・。
画像

京都でも素敵な紫陽花たちに出会えて嬉しかったです!
画像


紫陽花庭園の風景、次回後編
そして三室戸寺ラストです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年06月28日 18:40
紫陽花は、お寺などの建物とよく合う花ですね。一度西洋に渡った紫陽花なのに、日本の古い建築物によくマッチし、不思議な感じがしますね。

蓮の花などもそうなんでしょうが、西洋紫陽花の大きくてパッとした表情は、シックな建物とのギャップで、寂しすぎることを無くし、むしろバランスになってくるんでしょうかね。

秋の寺院の紅葉風景も色合いは見事ですが、あれは艶やかな魅力という感じ。こうした花に彩られた寺院の風景は、華やかな魅力といった感じなんでしょうかね~。
2010年06月29日 22:21
ポンセさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
そうですね~、紫陽花はヤマアジサイだけでなく西洋紫陽花もお寺の風景にぴったりなんですよね。
今年巡った京都の紫陽花名所では、どこも「紫陽花庭園」という形で存在していて、これが京都らしさなのかななんて思ったりしました。三室戸寺では杉木立の中に広々と紫陽花庭園が広がっていて、本当に清涼感が溢れていました。京都は山に囲まれ、この季節一際蒸し暑いという土地柄だということもあり、こういうたっぷりとした花風景で、一際清涼感を感じようとしているのかも知れませんね。
それにしても、一気にその場を七色に染めてしまう紫陽花って、すごいお花ですよね~。
2010年06月30日 00:09
鎌倉の紫陽花も素適ですが、京都のお寺の規模、庭園の美しさには唸ってしまいました。
寺社の落ち着いた雰囲気に明るさや華やかさのポイントにもなる紫陽花は、この季節の日本には無くてはならないお花ですね
2010年06月30日 21:58
コケ魔女さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
京都と言えば桜や紅葉の頃にはとにかく多くの観光客が来られますが、それ以外の季節は、比較的静かな雰囲気の中散策できるような気がします。紫陽花の季節も鎌倉ほどには混みませんので穴場かもしれません。
紫陽花は本当に明るくて清々しい、この季節にぴったりのお花ですね。散策していると蒸し暑さを忘れます。

この記事へのトラックバック