京都を歩く274

梅雨まっただ中、街角の紫陽花も益々色を深める季節ですね。
今年の梅雨入りは早かったですが、紫陽花の見頃は少し遅めのようです。
先週、紫陽花の様子を見に、京都の紫陽花名所を二つ巡りましたので
今回からしばらくご紹介していきたいと思います。

まず出掛けましたのは、三室戸寺です。
画像

参道から紫陽花庭園を見下ろしてみます。
この頃、ブルーの紫陽花は見頃でしたが、赤、ピンク系はまだ色付いていない印象でした。
画像
三室戸寺の紫陽花庭園はとっても規模が大きくて、見応えがあります。
約30種、10000株のあじさいが植えられています。

紫陽花へのはやる気持ちを抑えつつ、まずはご本堂へお参り。
画像

画像

本堂前には250鉢の蓮鉢。その種類は100種類に及ぶそうで、
毎年6月下旬から8月上旬頃、見頃を迎えるそうです。
画像

本堂前にあった、うさぎの石像。
穴の中に両手を入れて中にある卵形の石を立てる事が出来ると、足腰が丈夫になるそうです。
画像

そしてこちらの牛の石像は、口の中の玉を触ると勝運が付くのだとか。
画像


三重塔
画像

周りには梅の木がたくさんあって、大きな実をたくさん付けていましたよ。
画像


タイサンボクの花も咲いてました。
画像


画像

本堂を後にします。
画像

(2011年6月14日撮影)

次回は、紫陽花庭園の様子をお届けします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック