大原を行く18

大原の紅葉巡り、最後にやって来たのは寂光院です。

推古天皇2年(594)に聖徳太子が父用明天皇の菩提の為に建立した
天台宗のお寺です。
平家物語には建礼門院が出家の後、文治元年(1185)に当寺に隠棲し
翌2年春に後白河法皇が御幸したと記されています。
画像

雨上がりで、参道の紅葉がとっても素敵でした。
画像

画像

画像

画像

画像


参道横の苔むした門の向こうには
画像

狐雲という茶室と庭園
画像


本堂には御本尊の地蔵菩薩様が祀られています。
画像

本堂北側の庭園は回遊式四方正面庭園
画像

本堂前にある雪見燈籠は、太閤豊臣秀吉公の寄進で、
桃山城にあったものを移したものだそうです。
画像

つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年02月26日 07:20
本当に綺麗な紅葉ですね。
今年こそ、桜と紅葉は見に行きたいです。
2012年02月28日 07:10
TonTonさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
京都は晩秋の冷え込みが強いので、紅葉には的した土地柄なんでしょうね。でも去年の秋は色づきが遅くて、見頃のピークは11月の末でした。
今年は梅も開花が遅れているので、桜も遅めかもしれません。
是非いらしてください。(^ ^)

この記事へのトラックバック