京都を歩く302

知恩院を後にして、祇園白川にやってきました。
ここの桜もこの頃ちょうど見頃でした。
画像


祇園を愛した歌人・吉井勇の歌碑のあたり。
画像
かにかくに 祇園はこひし 寝るときも 枕の下を 水の流るる
画像

紅八重枝垂にも出会えました。
画像

鷺がお店の中をのぞいています。
画像

画像

染井吉野、満開です。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

この記事へのコメント

2012年04月20日 12:53
さすがに京都の桜はあでやかですね。
水辺と桜の花って相性いいですよね。
2012年04月21日 21:55
AOIさん、こんばんは^^

うーん、京都と桜は絵になりますね~^^
桜の時期にゆっくり歩いてみたいです。
AOIさんの写真で行った気になって楽しませて頂いてます(^^)
2012年04月21日 22:34
イッシーさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
祇園白川の辺りは、私的には最も京都らしい桜風景だなと思うのですが、通勤途中に寄れる事もあり、今年も撮影に行ってみました。
ほんと、水辺に桜って素敵なシチュエーションですよね。ちなみに次回も水辺の桜風景です。
2012年04月21日 22:47
taka_c230さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
春と秋、京都はたくさんの観光客で賑わいますが、色々と名所も多いので、どの辺りをどう巡るのかを考えるのもまた楽しいですよね。
地元民だといつでも行けるとか思って、なかなか出掛けなかったりするのですが(笑)、私の場合は拙い写真で申し訳ないのですが、ブログの記事を作ることで、ご覧下さる皆様が京都散策する時に参考にしてくださったら嬉しいな~なんて思ってます。
是非いつか、桜散策にいらしてくださいね。

この記事へのトラックバック