京都を歩く305

前回に引き続き、平安神宮の桜風景です。

南神苑の八重紅枝垂桜。
画像

7、8分咲きくらいだったでしょうか。花の紅色が最も濃い頃です。
画像

画像

画像

画像

画像

谷崎潤一郎の『細雪』の中で、「紅の雲のよう」と表現されましたが
画像

本当に、そうですね。
画像

画像

画像

そして西神苑の池に降り注ぐように咲く染井吉野は
画像

雨に濡れながらも、ふんわりときれいに咲いてました。
画像


次回は、東神苑の風景を。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック