花日記178 ~初夏の植物園~

梅雨を目前にしたこの季節、
見頃を迎える花と言えば薔薇の花・・・
という訳で、今年も京都府立植物園に薔薇を見に行ってきました。

府立植物園には約250品種、2000株の薔薇が植えられているのですが、
多くの品種が見頃を迎えていました。
それでは早速、薔薇たちの様子を。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

(2012年5月22日撮影)

つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2012年05月26日 10:06
薔薇みとれてしまいます。
香りも優雅で、ミツバチの気持ちがチョットわかるような気がします。
京都の薔薇も咲き誇っていて またまた良いですね
2012年05月26日 22:28
京都府立植物園のバラも素敵ですね。やはり沢山の種類のバラを一度に見れるのはいいものです。色や形の種類の多さに驚かされることが多いです。
優雅で品が合って美しい。キレイに撮れていますね。
2012年05月26日 23:08
asakunさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
府立植物園には本当にたくさんの種類の薔薇があるので、初夏と秋にはいつも見に行く事にしています。薔薇は眼で楽しむだけでなく、香りも楽しめますね。種類によって香りも違うので、写真を撮ってはついつい顔を近づけてしまいます(笑)。
2012年05月26日 23:21
ミクミティさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
この季節はやはり薔薇を見に行かないと勿体ないですよね。
府立植物園は、京都では屈指の名所だと思うので、いつもこの季節は迷う事なく出掛けてしまいます。どの薔薇も本当に魅力的なので、ついつい写真も撮りすぎてしまって、実はこの日は最後、カメラの電池切れになっちゃいました(笑)。

この記事へのトラックバック