テーマ:紅葉

京都を歩く350 ~槇ノ尾・西明寺の紅葉~

神護寺から清滝川沿いを歩いて行きます。 水辺に映える紅葉のグラデーションが とても美しかったです。 そして槇ノ尾にたどり着きました。 指月橋を渡って・・・ やって来たのは西明寺。 境内は全体的にオレンジ色の紅葉でしたが・・・ 表門横にとても色鮮やかな紅葉があって 眼を奪われました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都を歩く349 ~紅葉、高雄・神護寺にて~

引き続き、神護寺の紅葉風景です。 境内の至る所で、燃えるような紅葉に出会えました。 金堂前の石段辺りの紅葉は、 落葉が目立つ木もありましたが・・・ 石段を上がって振り返ると、 このお寺ならではの紅葉風景に出会えます。 神護寺を後にします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都を歩く348 ~紅葉、高雄・神護寺にて~

今年は寒暖の差が激しい日が続いた事もあり、 10年に一度の当たり年と言われる紅葉。 そんな紅葉狩りの季節も、そろそろ終わりに近づいてきましたね。 皆さんはどんな紅葉風景に出会われましたか? 私はその後も休みの度に出掛けて、色々と撮影しました。 私の場合、お休みの日に京都のどこで見頃になっているのか調べて 当日に行き先を決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都を歩く347 ~嵐山の紅葉~

嵐山の紅葉散策風景、 最後は私のお気に入りポイントからの風景です。 水辺を背景にした様々な色合いに染まる嵐山を より近くで見えるのがこのスポット。 保津川下りをして来た船の 船着き場の辺りになります。 ここら辺まで来る方は少ないので、 いつもとても静かな雰囲気の中で、風景を楽しむ事が出来ます。 この日も結構長い事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都を歩く345 ~嵐山の紅葉~

天龍寺を後にして、竹林の径を歩き どこに向かったかと言うと 亀山公園展望台です。 渡月橋から奥の方に見えていた辺りの風景を 眼下に眺める事が出来るので、 嵐山ではお気に入りのスポットの一つなのですが、 特にこの日は、この後乗る嵯峨野トロッコ列車を見たくてやってきました。 数分後に列車が走って来たのですが、 とって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都を歩く343 ~嵐山の紅葉~

今年の京都は10月後半から朝夕の冷え込みが強く、 紅葉も大分進んで来ていて、見頃を迎える名所も出てきています。 今日はお休みだったので、どこに行こうかさんざん迷った末、 とりあえず、嵐山に出掛けてみました。 と言うことで、早速記事にしてみたいと思います。 阪急嵐山駅から歩いて渡月橋へ・・・。 少し早いかもと思っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花日記192 ~秋の植物園~

府立植物園の秋らしい風景を探して、 更にのんびり散歩しました。 なからぎの森にやって来ました。 池には鴨たちが泳いでいて、 とてものどかな風景が広がっていました。 晩秋にはこの辺りは最高にきれいなんでしょうね。 この日は絵を描いてらっしゃる方も多かったです。 道を歩いていると、何やら黒い動くものが・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都を歩く342 ~紅葉、南禅寺にて~

引き続き、南禅寺の紅葉風景です。 南禅寺の方丈には、大小様々な庭園があるのですが この季節は、背景の紅葉が真っ赤に色付き とても見応えがあります。 特に印象的だったのがこちらの『華厳の庭』 響き合う宇宙のこころを表現しています。 そして、『龍吟庭』 茶室・窮心亭の背景の紅葉のグラデーションが とても美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都を歩く341 ~紅葉、南禅寺にて~

今回も引き続き、昨年の京都の紅葉散策を振り返ります。 永観堂から少し南へ足を伸ばすと、 南禅寺があります。 禅宗の臨済宗南禅寺派の大本山 京都五山の中でも「五山之上」という格式を持つお寺で 紅葉の名所としても知られています。 この三門は重要文化財で、 石川五右衛門の伝説でも有名です。 ひとまず、境内の奥へ進み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都を歩く340 ~紅葉の永観堂~

今回も、引き続き永観堂の紅葉風景です。 更にお庭の池の周りを歩きます。 紅葉の向こうに小さく、多宝塔が見えます。 池から流れる、小川を入れて。 落葉した銀杏に敷き詰められた空間も。 紅葉との色のコントラストが、とても美しかったです。 永観堂を後にします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都を歩く339 ~紅葉の永観堂~

引き続き、去年の晩秋の頃の永観堂の風景です。 お堂内から見上げていた紅葉の奥にある、 多宝堂の方まで上ってきました。 ここから見下ろすと、境内が紅葉に埋もれて見えます。 多宝堂から下りて、お庭へ。 放生池の紅葉も、とてもきれいでした。 茶店で、お団子とお茶でちょっと休憩。 更につ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都を歩く338 ~紅葉の永観堂~

秋も少しずつ深まってきましたね。 秋の行楽シーズン、紅葉の見頃はまだ先でしょうが 京都も街行く観光客がだんだん増えてきました。 そろそろ今年の紅葉狩り計画を立てようかなと 思っておられる方もおられるかと思いますので、 まだご紹介しきれていない、去年の京都紅葉散策風景(実はまだありました)を しばらくご紹介していこうと思い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

湖東の紅葉7

湖東三山最後に訪れたのは、西明寺です。 西明寺(さいみょうじ)・・・ 平安時代の承和元年(834)に三修上人が 仁明天皇の勅願により開創された天台宗のお寺です。 国の名勝・蓬莱庭 薬師如来・日光・月光の三尊仏をあらわす立石、 十二神将等をあらわす石組があり 心字池には鶴島と亀島があります。 本堂(瑠璃…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

湖東の紅葉6

金剛輪寺は境内も広く、池泉回遊式庭園は国の名勝に指定されています。 庭は桃山、江戸初期、中期の三庭からなり 「血染めの紅葉」と呼ばれる紅葉の赤に染まります。 茶室・水雲閣も江戸時代のもの。 この辺りの紅葉も本当に素敵でした。 次回は湖東三山最後のお寺、西明寺です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東の紅葉5

引き続き、湖東三山・金剛輪寺の紅葉風景です。 本堂から、境内の奥にある三重塔(国宝)の方に向かって歩きます。 境内には様々な色合いの紅葉があって とても美しかったです。 三重塔の辺りも、紅葉に包まれています。 金剛輪寺の紅葉風景、もう少し続きます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東の紅葉4

引き続き、湖東三山の紅葉風景です。 やってきましたのは、金剛輪寺(こんごうりんじ)。 聖武天皇の祈祷寺として、行基菩薩が天平十三年(741)に開山された天台宗のお寺です。 まずは本堂(国宝)へ。 秘仏本尊生観音さまや阿弥陀如来像、十一面観音立像など、 数多くの重要文化財指定の仏像が安置されていました。 そして『血…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

湖東の紅葉3

永源寺を後にして、湖東三山を巡りました。 まずやって来たのは、国史跡・百済寺(ひゃくさいじ)。 湖東三山最古の寺で、 推古天皇御代に、聖徳太子の御願により創建された近江最古級の古刹です。 中でも見所の紅葉は、本坊・喜見院の庭園。 「天下遠望の名庭」として名高く、日本紅葉百選にも選ばれています。 遠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東の紅葉2

引き続き、去年の秋撮影した 永源寺の紅葉風景です。 苔むしたお庭に、紅葉が映えます。 どこもかしこも紅葉で包まれていて、本当に絵になります。 お昼は、移動のバスの中で「湖北のおはなし」というお弁当を頂きました。 すごぉく美味しかったです。 次回、湖東三山・百済寺へ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東の紅葉1

毎年秋には、紅葉をたくさん見に行きます。 去年も色々と出掛け、そのいくつかは既に記事にしましたが 実はまだ紹介できていない写真たちがあります。。。 ボツにするのも残念なので 今年の紅葉散策の計画を練りつつ、振り返ってみようと思います。 地元・京都の紅葉名所は、行き尽くした感があったので 去年は滋賀県の紅葉名所にも足を伸ば…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大原を行く19

引き続き、寂光院の紅葉風景です。 境内も紅葉色に彩られ、とても素敵な雰囲気でした。 諸行無常の鐘楼 紅葉越しに本堂を眺めます。 これにて大原の紅葉風景は終了です。 お付き合いくださった皆様、ありがとうございました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大原を行く18

大原の紅葉巡り、最後にやって来たのは寂光院です。 推古天皇2年(594)に聖徳太子が父用明天皇の菩提の為に建立した 天台宗のお寺です。 平家物語には建礼門院が出家の後、文治元年(1185)に当寺に隠棲し 翌2年春に後白河法皇が御幸したと記されています。 雨上がりで、参道の紅葉がとっても素敵でした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大原を行く15

三千院を後にして 勝林院へやってきました。 長和2年(1013)、寂源によって創建され、 後に天台声明の根本道場となりました。 この地で文治2年(1186)、天台宗の顕真が浄土宗の法然を当院に招き 大原談義を行い専修念仏について問答をしました。 本堂には御本尊の阿弥陀如来が祀られています。 見上げると、欄干…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大原を行く14

去年の秋、久しぶりに大原に行きました。 紅葉を見に行くのは三年ぶり、 大原も市内中心に比べると早い時期から紅葉が色付きます。 まずやってきましたのは三千院。 延暦年間(782~806)、最澄が比叡山東塔に建てた草庵を前身とします。 別名、梶井門跡・梨本門跡とも呼ばれる天台宗三門跡の一つで 皇子、皇族が住職を勤めた宮門跡で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三尾の紅葉5

栂尾(とがのお)にある高山寺まで 更に清滝川沿いを歩きます。 栂尾山・高山寺(こうさんじ)  単立寺院、世界文化遺産。本尊は釈迦如来。 光仁天皇の勅願で、宝亀5年(774)に創建 建永元年(1206)、明恵上人が中興開山されました。 明恵上人の庵室に由来する石水院(国宝)は、拝観することができ 中ではあの有名な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三尾の紅葉4

今回も引き続き、三尾の紅葉風景です。 神護寺を後にして、次のお寺に向かいます。 清滝川沿いの紅葉がとてもきれいでした。 朱塗りの指月橋を渡って、石段を上っていくと 槇尾・西明寺に到着。 真言宗大覚寺派、御本尊は釈迦如来。 天長年間(824~834)に弘法大師の俗甥、智泉大徳が神護寺の別院として創建したのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三尾の紅葉3

引き続き、神護寺の紅葉風景です。 境内奥に進んでいきます。 目的は、地蔵院前にある土器(かわらけ)投げ。 うまく投げると、錦雲渓(きんうんけい)と呼ばれる清滝川の渓谷を かわらけがどこまでも飛んでいきます。 道を戻って 毘沙門堂 大師堂(重文) 明王院 神護寺を後にして・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三尾の紅葉2

引き続き、神護寺の紅葉です。 金堂前の石段の紅葉は、真っ赤に色付いてました。 金堂 多宝塔 石段の上から見下ろすと、紅葉越しに五大堂、毘沙門堂が見えます。 つづく
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三尾の紅葉1

去年の秋も例年のごとく、色々な所に紅葉を見に行きましたが すっかり記事にしそびれていました。 少し長くなってしまいそうですが、ご紹介していきたいと思います。 まずは三尾の紅葉風景から。 京都から丹波へと続く周山街道沿いに続く高雄、槇尾、栂尾を合わせて三尾(さんび)と言います。 三尾は京都屈指の紅葉の名所。 今年の紅葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都を歩く220

引き続き、晩秋の粟生光明寺の風景です。 これにて今年の京都紅葉風景のご紹介は終了です。 やっぱり長くなってしまいましたが、いつもご覧下さった皆様 お忙しい中、気持ち玉やコメントを下さった皆様 お付き合い頂き、本当にありがとうございました!
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more